ファインマンさんの肩に乗って晴耕雨読の日々

ファインマンを読んで気付いた事そして日常生活の記録

Raspberry PiのMathematicaを使う

Raspberry PiMathematica

いつものフリーの数式処理ソフトの代わりに、今回は有料ソフトであるMathematicaを利用してみよう.しかし研究機関に属していない貧乏者にはこのソフトの値段は高すぎる(例えば,最も安価に利用できるであろう家庭・趣味用のMathematica Desktopでも今は7万円以上するようだ!).でも幸いなことに「Raspberry Pi」という シングルボードコンピュータには、Wolfram言語とMathematicaパイロット版が無料でバンドルされている.

次の画像は,購入したRaspberry Pi Pi3 Model Bを動かしている様子である.誠にプリミティブな姿のコンピュータであるが,性能はパソコンの代わりになる位のものだ.

f:id:clrice9:20171108174218j:plain

そして次の画像は、そのマシンでMathematicaを起動したデスクトップ画面の様子である:

f:id:clrice9:20171121160711p:plain

Raspberry Piでは「Raspbian」と言うDebian系OSを用いているのでLinux系のソフトの多くが動作するようである.Firefoxなどのインターネットブラウザも起動に少し時間が掛かるけれど利用できる.また,例えばターミナルで

\$ sudo apt-get install scrot

のように入力すればRaspberry用のソフトであるscrotがインストール出来る.これはmacOSに付属するソフト「グラブ」と同様に「パソコン画面の写真を撮るためのソフト」である.(ネット検索でこの存在を知りました.感謝!感謝!).上の画像はそれを利用して得たスクリーンショットである.